災害時に水を得る方法

私は東海地方に住んでいる為、10年以内に起こるといわれている東海大地震が起こった時の防災対策を常にしておかなければなりません。 もし避難民になった場合にはどのような状況になるのか、考えるだけでも恐ろしいです。電気・水道の無い生活がどういったものなのか、想像するだけでぞっとします。 人は3日間水を飲まないと死んでしまうそうです。体重の15%以上の水分が体内からなくなると、脱水症状をおこし命の危険にさらされます。 もし、避難しなければならない時には自分で用意しているペットボトルを頼りにするしかありませんが、それが何日間もつかわかりません。

そこで、もし水が無くなってしまった時の対策として、水を集める方法を調べてみました。 今の時期一番有効なのが雪を解かす事です。雪を沸かす事で飲み水に代わるそうです。しかし、これは雪が無ければ話になりません。 次に朝露で飲み水(備蓄水)を集める方法です。晴れた日の朝であれば草に朝露が付いています。ひざ下に布を巻いて草むらを走り回ることで、布に染み込んだ水を絞りだし飲み水にする方法です。しかし、これも近くに草むらがなければできません。しかも、十分な量にはならないでしょう。 次に雨水を集める方法です。 雨水をペットボトルやバケツにためます。その水をガーゼなどを通してろ過します。前もってペットボトルの口にガーゼを付けておいてもいいでしょう。そこでたまった水を10分間沸騰すると飲み水になります。 自分たちが避難用にペットボトルなどの水を大量に買っておいても、その水を避難所に持っていくのは容易なことではありません。 いざという時にこういった知識が自分の命を救う事もあるという事をしっかりと頭に入れおかなければなりませんね。

現在のカラコン業界では、いくつものカラコンが販売されております。

カラコンブランドとして有名な会社から、あまり有名なブランドではない会社まで、数え切れないほど存在していますので、買う側としては迷ってしまうことでしょう。

有名なブランドのカラコンは、それだけで信頼度がありますので、安心ですし安全に使用できるとして人気となっています。

知名度をあげるためには良いカラコンを作って提供することが必要となっておりまして、そういった積み重ねから得た信頼と言っても過言ではありません。

品質として良くないものを提供しているから評判が悪く、知名度も上がらない、逆に悪い意味での知名度が上がってしまうと、企業としてはマイナスとなってしまいますので、そうならないためにも良いものを提供することは必要不可欠と言えます。

しかしながら、まだ知名度のないカラコンブランドももちろんありまして、その中には新規ブランドももちろん存在しています。

品質が良いのに知名度がないからといって使わずにいるのはもったいないのかもしれません。

しかし品質の良いカラコンを提供しているのでしたら、良い評判はすぐに広まり、これから愛用者も増えていくことでしょう。

カラコン業界の発展はとどまるところを知らないのでは…と言われております。